シンプルなのぼり旗は配色にこだわると効果が高い

大切に扱うのぼり旗というのは、宣伝をする時に活用できるアイテムですが、
高い宣伝効果を得たいと思い、たくさんの情報を載せて
オリジナルののぼり旗を作成することを考える人もいるでしょう。

しかし、あまり情報を詰め込みすぎてごちゃごちゃとしたデザインに
なってしまうのは好ましくありません。

情報量の少ないシンプルなデザインであっても、インパクトがあれば、
しっかりと宣伝をすることができるものです。

問題はどうやってインパクトを出すかです。
お店で使用するのぼり旗であれば、本日ポイント5倍、など
魅力的なフレーズを載せると、お客さんの気を引きやすくなりますから
効果的と言えますが、もう1つ気にしておいた方が良いことがあります。

それが配色で、色のバランスが良ければ見やすくなりますから、
目にとまりやすくなると言えます。構成を考える

また、イメージに合った色というものがありますから、うまく選ぶことで
宣伝効果を高めることができるものです。

例えば、赤と白の配色というのは非常に相性が良いものです。
紅白はおめでたいイメージがありますし、日本の国旗や有名な炭酸ドリンクは
赤と白の配色になっています。

とてもシンプルですが、一度見たらしっかりと印象付けられる力があるものです。

赤字覚悟の大安売りをアピールする時には、この配色だと
その内容とマッチして効果的とも言えるでしょう。

なお、のぼり旗を使って墓石や墓地の宣伝をする場合には、
赤と白だときつすぎますから、紫と白にすると良いものです。

このように、たった2色の配色でも選び方次第で効果的な宣伝を行えるものです。